2013年 09月 21日

孤独心ばかりが募る.....9月

今月初め、友人から紹介してもらった友人、山さんが亡くなった...48歳の若さで。 

B型らしい、人から受け入れられにくい性格の持ち主である私が言うことを、ずっと受け入れてくれるとってもいい人でした。5月頃に横浜から福岡に戻ってきたので、近いうちに再会...と、思っていただけに、当日朝のあの訃報はどうしても受け入れることが出来ませんでした。棺の傍で山さんを紹介してくれた友人、それと、ご遺族の方達と飲みながら一夜を過ごし、ようやくその事実を受け入れ、斎場を後にしました。

斎場から会社へ向かう道中に考えたこと....ところで、一昨年は新たな事業を一緒にやろう、といっていた良き理解者が亡くなり、そして去年も....すべて9月だった。


長月というんだろうが、本当は苦月なんじゃないだろうか、と思えるように....


この歳になったらこんなことが頻繁にあるのは起こるのは自然なことなのか?と、そう考えば考える程、心は枯れ立てた葉のようになっていきました。ですが、この9月というのは私自身が相当気が滅入る月......故人が自分の分まで活きろ!と喝を入れてくれている...そう感じるのも9月。そうだとしたら、私は、多かれ少なかれ、故人の命をいただいて生かしてもらっているのかもしれません。そんな結論に達しました。




ありがたいことです。




[PR]

by zassoh-oggi | 2013-09-21 17:47 | Comments(0)


<< 今年最期のブログかな.....      台風に感謝すること >>